職住一体で発展する「生活都心」に 大阪を南北に貫く幹線道路・堺筋に面した北浜は、ビジネスセンターとして発展を続けてきたまちである。最近では、高層マンションの建設が進み、ファミリーの住む、職住が近接するまちとして賑わいをみせている。「水都大阪のまちづくり」で日本都市計画学会石川賞を受賞するなど、都市計画の第一人者である橋爪紳也・大阪府立大学観光産業戦略研究所長にこのまちの魅力などを聞いた。

人口増加でまちの魅力取り戻す 北浜は大阪のビジネスセンターとしてあり続けてきたまちです。1937年(昭和12年)に御堂筋が拡幅されるまでは、堺筋が大阪のメーンストリートで、近代的なオフィスビルや百貨店などが通りに面して建ち、特に現在の大阪取引所の周辺は、東洋のウオール街とも呼ばれました。各地から訪れるビジネス客が食事や宿泊をする料亭・料理旅館も多く、東横堀川沿いには船着場に直結した蔵も建ち並んでいました。金融のまちであり、物流のまちであり、人を受け入れるまちでもあったのです。

 もうひとつの北浜かいわいの特徴は、江戸時代から大阪の中心地区として、人が住み込みながら商売をする問屋が発展するなど、職住が一体化したまちであったという点です。今で言うところのコンパクトシティーであったとみて良いでしょう。

次世代のライフスタイル確立を 私は都市が発展するためには役割分担が必要だと考えているのですが、この北浜というまちは、次の世代の若い人たちが、職と住だけでなく、それに〝楽しみ〟が一体化した、新しい都市型のライフスタイルを打ち立てて、将来の大阪を担っていくエリアになっていくべきだと思っています。

「大大阪」時代に発展した堺筋かつての「大大阪」時代を中心に、大阪のメーンストリートとして発展した堺筋。今でもこの堺筋沿いには、歴史的な建造物が数多く残っている。道修町との交差点北東側には、明治期に建てられた重要文化財の町家建築・旧小西家住宅がある。また、大正期から昭和初期に建てられたモダン建築物としては、新井ビル、高麗橋野村ビルディング、生駒ビルヂングなどがあり、特徴的なデザインが目を引く。いずれもスイーツの店やカフェなどがその建物に店を構え、多くの人でにぎわっている。土佐堀川にかかる堺筋の橋・難波橋も、1915年(大正4年)に完成した歴史的建造物で、石造りのライオン像で有名だ。

  • 山道 裕己社長
  • 徳光 正子さん
  • 橋爪 紳也所長
18.9.3
モデルルーム公開中です。皆様のご来場をお待ちしております。